写真で見るD8S、D10S (つく棒穴を隠し爪付きタイプ)交換手順 

Dバックル取付の注意事項

1.作業は裏面からやっください。

D10Sを革ベルトに装着後
使用した工具・革ベルト・D10S
12時側にD10Sを取付た状態。 D10Sの裏面から見たつく棒隠し爪。
裏面から取りけ、下になる穴にバネ棒を入れます。 上になる部分のバネ棒をD10Sに寄せます。
バネ棒のつばに工具2又入れます。 工具2又にバネ棒を入れ押さえる様にして入れます。
穴にバネ棒が入ったか引っ張りて確認します。 つく棒穴が綺麗に隠れ取付が出来ました。
Dバックルの反対側サイズ調整部分を開きます。 剣先側のベルトを金具に通します。
サイズを合わせベルト穴に調整ピンを入れます。 金具を締め固定します。
すべらす様に遊革に通しながら押します。 D10Sの取付が終わりました。
裏面から見た取付後のD10S。 ベルトの上から見たD10Sとベルト。