時計ベルト部品バネ棒(SPRING BAR)のサイズについて

時計ベルト(バンド)取り付け用20mm表示のバネ棒の通常の状態
  • 左の画像は時計に一番多く使用されているバネ棒。
  • 左の画像は20mmバネ棒の通常の状態です。
  • バネ棒の全長が24mmありました、バネ棒の種類によってこの全長の長さは変わります。
  • ツバ付きバネ棒の場合はツバの部分にバネ棒外しを入れ取り外しをします。
    (バネ棒により、ツバなしバネ棒もあります)
  • 左の画像バネ棒は材質:ステンレス
  • 左の画像バネ棒は径:1.78mm
20mmのバネ棒を取り付けた状態
  • 表示されているサイズは、取付時の押さえた時の全長になります。
  • 一杯に押さえ込んだ状態のサイズがすべてのバネ棒のサイズ表示になります。

時計ベルト部品時計用バネ棒の種類と用途

  • 左の画像のバネ棒は径が1.5mmの両サイドにツバ付きのバネ棒で時計取り付け用として一番多く使用されており、当社では標準タイプバネ棒と表示しております。
  • 材質:ステンレス
  • 両サイドつば付き

  • 時計バンド 革バンド尾錠に使用ているタイプ。
    尾錠の内側の長さがバネ棒サイズになります。
  • 材質:ステンレス

  • 時計バンド 革バンド尾錠に使用ているタイプ。
    バンドの取り付け用にも使用されています。中にはステンレスでない物もあります。
    尾錠の内側の長さがバネ棒サイズになります。

  • 時計バンド金属バンド三折れ金具部分の微調整用 に使用ているバネ棒です。細くて先の部分が短いのが特徴です。
  • 材質:ステンレス

  • ダイバー時計に使用されています、材質も錆びにくく丈夫な作りのバネ棒です。
  • 材質:ステンレス

  • 金属・ウレタンでバネ棒の取り外し部分の切り込み深いバンドに使用されています。工具なしでも取り外しが出来便利なバネ棒です。
  • 材質:ステンレス

ご質問はメールでgmc311a3@watchband.co.jp迄お願いします。