写真で見る
時計ベルト用Dバックル

Dバックルを測定比較しました。
トップページへ

メニュー
3種類のワンタッチDバックルを測定比較しました。

お客様からのご相談より。
No.1 お客様がお持ちになったワンタッチDバックル観音開きタイプ16mmです。
ステンレス無垢材 ネット価格で¥4200

価格の大きな違いがあるワンタッチDバックル観音開き16mmを用意しました。
No.02 ステンレス無垢材 ネットで価格¥1680
No.03 ステンレス無垢材 ネットで価格¥1680
Dバックルをご使用になる場合のご注意!
Dバックルは尾錠と比べ金具部分が多くなり金具部分に汗、水、ホコリ等が溜まりやすく尾錠タイプよりお手入れが必要になります。
お手入れ不足からホコリ、汗、化粧品等により手が黒く汚れる事があります。
革ベルトが長持ちするのではと、お問い合わせがありますが部分的にはありますが総合的に考えますとありま変わらないの様に松重商店は考えます。
新商品Dバックル
Dバックル
観音開きDバックルの交換手順
三折れ式Dバックル交換手順
 
Dバックル−2へ




3点の市販ワンタッチDバックルを測定比較しました。 7.15
  
比較した3種類のDバックル size:16mm
 


  
1. 全長を測る。
No.01 90mm.No.02 87mm.No.03 87mm
各社バックルの留め方は違います。


  
2. 写真のようにセット状態で重さと厚さを測る。
No.01 W.14.4g.H.12.5mm.L.40mm。
No.02 W.12.8g.H.10.5mm.L.40mm。
No.03 W.12.0g.H.10.0mm.L.40mm。


  
3. ベルト留め部分の測る。
No.01 地金の厚さ.1.92.0mm.ベルト留め太さ1.92.3mm
No.02 地金の厚さ.1.91.6mm.ベルト留め太さ1.92.2mm
No.03 地金の厚さ.1.91.8mm.ベルト留め太さ1.91.8mm


 
4. 中央部分地金の厚さを測ってみました。
No.01 5.19mm。
No.02 4.85mm。
No.03 5.17mm。


 
5. 表金具部分を見てみました。3点ともに鏡面仕上げで模様、柄等はありませんでした。


   
6.

ワンタッチボタンを使って見ました。
No.01 開閉30回の内1回引っかかりあり
閉じる時に両方とも少し固さがあった。
No.02 開閉30回の内引っかかりなし
No.03 開閉30回の内引っかかりなし



  
7.

測定では価格が大きく違ってもあまり変わらないことがわりました。
価格では1個対2個の差がありますどちらが良いかは
貴方がお決め下さい。
No.01は高さが1.25mmあり長袖の時は気になります。
他の2点と地金厚さ0.06mm、重さ2.4gの違いありました。



  
 
 
当店のDバックルは通常の価格設定です。 
1.見て価格の違いが判る程度の違いがあっても好いような気がします。

2.留め方が違うので実測使用テストを本当はしたかったのですが甲乙を付けると問題が起きる可能性がありますので取りやめました。

3.品質、付加価値等は同じレベルのDバックルで価格がバカ高いと思われるDバックルが沢山あります。参考にしてお買い上げ下さい。

但し、時計メーカー純正Dバックルは対象外です。