時計バンドのQ&A / 新しい質問

ガルーシャの色について

がルーシャの色は研磨処理素材と研磨なしの素材で色は大きく変わります。
研磨処理仕上げ素材は黒色がグレーに仕上がります。未処理、細かい軟骨は黒色に仕上がっています。
今回発売しましたカラー12色は細かい軟骨の素材になり綺麗なカラー仕上がりになっています。
ガルーシャ時計バンド一覧のページへ (松重商店 バンド通販用のサイトへ移動します。)

このページのトップへ

コードバンについて

昔からコードバンはガラス仕上げが多く艶があるのがあたりまえでした。
新しい素材で半光沢の素材が入荷しましたので早速、製品化しました。
仕上がったベルトを見ましたところ深みのある色合いですが昔からのコードバンファンには違和感のある仕上がりに見えるようです。
いろいろと問題があるようですが当店ではカラーコードバンを続け販売していきます。

このページのトップへ

新ガルシャーのステッチ仕上げについて

国内初のステッチ入り半手縫いのガルーシャの発売になりました。
エイ軟骨素材だけに難しかったと聞いております。是非、おしゃれをお試しください。

このページのトップへ

ガルシャーのオーダーについて

メーカーの話ではガルーシャは表面が軟骨で出来ており裁断が特殊な裁断機が必要で当初はフランスで製作が始まったようです。その製作技術を中国に教えられ現在は中国生産のベルトが多くなっております。欧州ベルトも中国生産が多く裏面に生産地の刻印の無いのは中国製です。

このページのトップへ

このページのトップへ