時計バンドのQ&A / 皮革ベルト - 特徴について

丈夫な革時計バンドは何ですか?

丈夫なバンド素材は合成皮革、ナイロン、ウレタンです。
天然皮革ではワニ、トカゲ、シャーク等の水に強い素材が比較的丈夫です。
オーストリッチ、山羊、ペッカリー等は丈夫ではありません。

このページのトップへ

革時計バンドはどのぐらいもちますか?

使用の仕方、季節、お手入れによっておおきく変わりますが、一般的には天然皮革の場合1−2年位です。
但し、水、汗、ゆるくしめて頂くと事に注意して頂くと2〜3年は持っています。

このページのトップへ

価格の高い革バンドの特徴とは何ですか?

一番の違いは肌あたり、ファッション性、色にあります。
特殊な色は染色コストが高くなり、リスクが大きくなります。

このページのトップへ

天然革バンドの注意することは?

水、汗、汚れの影響で色落ちすることがあります。
肌のカブレを防ぐために、なるべく緩く締めて下さい。
使用しない時は、乾いた布で汚れを拭き取り日光のあたらない場所に置きましょう。
海水浴にはウレタン、ナイロン素材の物を使用しましょう。
ガソリン、薬品等の揮発性薬品をご使用になる時は時計を外しましょう。

このページのトップへ

時計バンドのかぶれについて?

金属ベルトのかぶれについて

時計バンドで金属アレルギーを起こすことがあります。バンドのふれる部分の皮膚が赤くなり、かゆくなります。今まで大丈夫だったのにある日突然起きることがあります。特に汗をかく夏場に多く悩まされる方があります。 この様な場合は早めに専門医師にご相談下さい。

皮革ベルトのかぶれについて

革ベルトの場合は皮をなめす工程でクロムを使用しますがこのクロムによって肌の弱い方は
まれにかぶれを起こすことがあります。コードバンはクロムと仕立て切り目でエッジがあるためかぶれの方が多くありました。 肌の弱い方は裏材は合成皮革で仕立てはへり返しをおすすめします。一度、革ベルトでかぶれられた方は金属ベルトをおすすめします。また、夏場のベルト使用はお控え下さい。かぶれた場合は早めに専門医師にご相談下さい。

このページのトップへ

かぶれない時計バンドがあるのですか?

残念ながら100%被れないバンドはありません、合成皮革を使用したバンドはカブレはすくないようです。裏材の合成皮革、へり返しバンドはカブレが少ないようです。

このページのトップへ

天然革と合成皮革ではどちらが丈夫?

合成皮革が丈夫です。繊維行動が一定しており安定性があるからです。

このページのトップへ

マットクロコがほしいのですがマットクロコの人気の秘密はなんですか?

お買いになってからマットクロコは自分だけのバンドに変わっていきます。
毎日撫でたり、柔らかい布でメンテナンスをすると好い艶がでて自分だけのバンドが出来るので人気があるように思います。
クロコに比べ柔らかく肌ありが良いからでしょう。

このページのトップへ

エクシードゴールドを持っていますが付いている革バンドが気に入りません。
良い革バンドですか?

商品を見ましたが、クロコダイルの非常に良い皮です。
また、薄手仕上げで非常に良い仕立てです。シチズンの顔にふさわしい時計バンドです。あまり良くできていたので安物に見えたのでしょうか?
各メーカーの純正は時計にふさわしい良いバンドを付けています。

このページのトップへ

肌に優しい時計ベルト【ecoピュアラ】について。

バンビ社は100%かぶれないベルトと表現した広告になっておりますが、今までの苦い経験から当面はかぶれにくいベルトとして当店は表示します。
販売数量も一般ベルトより当店は少なく、今のところ100%かぶれないと言える実績がありません。
また、お問い合わせ等もほとんどありません。

このページのトップへ