時計バンドのこだわり−厳選こだわりの松重オリジナル時計バンドについて

松重オリジナル時計ベルトについて

松重オリジナル(低価格品) 
中国製牛革時計バンド重要部分8箇所のこだわり

・優秀な技術者のいるメーカーに制作協力して頂き心の通ったバンドを製作しております。

・使われる方の立場にたって気配りの感じられる商品開発をめざしています。

45年以上バンドの小売、卸、メーカーと経験しその中から得た眼力で商品作りに眼を光らせています。

素材、仕立て、仕上げの良し悪しの判断のできる松重商店です。

約24年前から欧州、香港等から輸入を始め海外情報も得ており、ここ10年前から品質向上が著しく中国製品が生産量世界一になりました。
現在は国内の革ベルトの80%以上が中国から製品で、当社も牛革製オリジナルの100%は中国製品です。
中国には何百社あるメーカーから松重が選んだメーカーと手を取り合ってより良い商品開発に励んでいます。

時間が立てば解る時計バンドを一度ご使用ください。 毎年、香港時計フェアーに参加し新しいベルト、部品を見ております。

仕立てのこだわり

1.へり返し仕立て 

昔はヘリ返し仕立ては高級バンドだけの仕立てとされてきましたが、最近のヘリ返し仕立ての時計バンドは手作り部分が多く賃金の安い中国で加工されています。

仕上げも非常によくなり国産と変わらないほどよくなりました。

肌あたりが大変よく、着け心地は最高で 肌にやさしくカ ブレも少なく時計バンドには最高の仕立てです。

工程数の多い作業には中国が一番適していおり、当社オリジナル商品には中級品にも採用しました。

2.半へり返し仕立て 

半ヘリ返しは高級バンドの仕立てとされてきましたが、現在は半ヘリ返し仕立ての時計バンドは機械化され、オリジナル商品は普及品、低価格でも採用しています。

3.切り身仕立て  

表材と裏材を貼り合わせる仕立てで、打ち抜き型でストレートに切断し、サイド部分の表面は光沢剤で磨き(コバ磨き)上げています。時計が大きくなってから欧州時計純正ベルトに採用されています。

コードバン素材の時計バンドでラインを強調した美しいシルエットは絶品です。

肌の弱い方、アレルギー体質の方にはお勧めできません。

4.遊革へのこだわり−1  

・時計バンドの中で一番いたみやすい箇所でオリジナル商品は遊革巾7mmに広くしました。

・たったこれだけの事で遊革の持ちは随分違います。

5.遊革へのこだわり−2 

・遊革の接続部分に強力接着と糸留めをしております。

・この糸留めで尾錠部分の剥がれを防ぎます。
・最近は技術が進み高周波留めも良くなり採用しています。

6.尾錠へのこだわり 

・低価格の一部を除き白色尾錠は高級ステンレスを採用しております。

・低価格の一部を除き金色尾錠は合金の高級メッキ仕上げの尾錠を採用しております。

7.ステッチへのこだわり  

・バネ棒通し部分までステッチを入れており、返し部分の剥がれをふせぎます。

・ほぐれを防ぐためステッチの始点、終点部分の糸留めに注意しております。

8.原革へのこだわり 

1.裏材質には(ソフリナ)合成皮革を採用 色落ち、カブレに配慮しました。

2.牛革バンドのほとんどに防水加工を採用しました。

松重牛革オリジナル

始めて中国で作ってから24年以上になります。

今も香港にある同じ業者5社を通じ生産をしていただいております。

ここ数年の中国時計バンドの進歩は実に素晴らしいものです。東京革職人が仕上げたバンドを除き、ほとんど変わらない水準までになりました。お陰様で品質、価格共に何処にも負けないバンドが出来あがりました。