松重商店時計ベルトマニュアル

写真で見る時計ベルトの交換手順ケースの外側にバネ棒穴のない時計 - 二又ピン(Uピン)を使う場合

使用工具
[DB-03]グリップ:ブラックタイプ
突きピン、二又ピンは個別購入ができます。

高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。
低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。
ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

ご注意
  • 錆びている場合は錆び落とし液を使用し、少しずつ錆びを落としバネ棒を外す。
  • つき棒は折れやすいので、直角につき棒を入れること。

 

写真で紹介している「W2001」は現在、ブラックグリップの「DB-03」として販売中です。

ケース外側にバネ棒穴がないか確認

最近販売されている時計は、このケースの時計が多い

ベルトの取外し - 1

ケースに穴がない時計の場合は、二又ピンを使います。

ベルトの取外し - 2

ケースとベルトの間に二又ピンを入れます。

ベルトの取外し - 3

ベルトを下へ押すとバネ棒が外れます。

ベルトの取外し - 4

ベルトを外します。

ベルトの取付け - 1

新しいベルトにバネ棒を通し、ケースの下の穴にバネ棒を入れます。

ベルトの取付け - 2

二又ピンで上側のバネ棒の先を下に押します。

ベルトの取付け - 3

ケースの上の穴にバネ棒を入れます。

10取付け完了

確実に入ったか、左右のベルトを引っ張り確認します。

このページのトップへ