松重商店時計ベルトマニュアル

写真で見る時計ベルトの尾錠交換手順穴が貫通している尾錠の交換手順 - つき棒(I型ピン)を使う場合

使用工具
[DB-04]
初めての方にもおすすめのバネ棒外しです。
突きピン、二又ピンは個別購入ができます。

高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。
低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。
ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

ご注意
  • 錆びている場合は錆び落とし液を使用し、少しずつ錆びを落としバネ棒を外す。
  • つき棒は折れやすいので、直角につき棒を入れること。

ケースの穴位置を確認

穴に大きさに合わせバネ棒外し工具を選びます。

バネ棒外しを差し込む

穴にバネ棒外しの突きピンを、垂直に差し込みます。

尾錠を外す - 1

バネ棒外しを押したところで尾錠を少しずらします。

尾錠を外す - 2

尾錠が外れます。

 

3つの部品の分かれます。

尾錠の取付 - 1

つく棒を入れます。

尾錠の取付 - 2

片側の尾錠に穴にバネ棒を入れ、先が突き出るまで押し込みます。

尾錠の取付 - 3

下側に突き出たバネ棒の先を、尾錠の内側の穴にいれます。

尾錠の取付 - 4

バネ棒外しを使い、反対側の穴にバネ棒を入れます。穴を覗きバネ棒が入った事を確認します。

10尾錠の取付 - 5

慣れてきますと爪でやることもあります。爪でバネ棒を押さえ、反対側の穴にバネ棒を入れます。

11尾錠の取付 - 5

尾錠とベルトを引っ張ってください。

12尾錠交換 完了

尾錠とベルトが完全に取り付けられていれば完了です。

このページのトップへ