松重商店時計ベルトマニュアル

写真で見る腕時計用金属バンドの部品取付直カンフィットパーツの取付け方法※この作業は初めての方にはおすすめできません

直カンタイプの腕時計
直カンタイプ金属時計バンドの先管

直カンタイプの金属時計バンドのサイズを合わせる部品をフィットパーツと言います。
高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。
低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。
ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

直カンフィットパーツの取付け - 1

金属時計バンド裏側のセンターに切り込みがありますので、サイズの合ったフィットパーツ(フィット管)を差し込みます。

直カンフィットパーツの取付け - 2

バンドサイズの直カンを、バンド先のカンにスライドさせながら押し込みます。

直カンフィットパーツの取付け - 3

取付は裏面を見ながらやります。
直カンを完全に押し込みますと、中央にストッパー止めが中央に来ます。

直カンフィットパーツの取付け - 4

ストッパー止めの下を少し抜けない程度にパイプに入れます。
差し込み後センターを合わせ、切り込み口にフィットパーツの爪を折込固定します。
あまり強く折り曲げますと、バネ棒を通す時にひっかかりますのでご注意ください!

取付け完了

技術者紹介 − 松山 藤一郎さん

技術者紹介 − 松山 藤一郎さんの写真
松山 藤一郎
  • 1937年8月 神戸生まれ
  • 時計技術:時計技能検定1級(1959年取得)

このページのトップへ