金属バンドのサイズ調整 - 三折れバンドのサイズ調整

使用工具
DB-01【バネ棒外し】 / \680-
[DB-01]がおすすめです。

高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。
低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。
ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

ご注意
  • バネ棒外しを使用しましよう。
  • 机の上でやりましょう。
  • 部品が飛んでもわかりやすいような色の紙や布を敷いて作業しましょう。

1.バネ棒を外す - 1

三折れ金具部分のサイズ調整用小穴にバネ棒外しをセットし、押します。
 

このページの上へ


2.バネ棒を外す - 2

バネ棒が外れ、金具からバネ棒が出ます。
この時にバネ棒を飛ばすことがあります。ご注意下さい。

このページの上へ


3.サイズの調整

バネ棒の取り付け位置を移動させて長さの調整をします。左の小穴に移動させるとバンドが長くなります。

このページの上へ


4.バネ棒を取り付ける

バネ棒を下側の小穴に差し込み、バネ棒外しを使って上の小穴に上の小穴にもバネ棒を入れます。

このページの上へ


5.完了

取り付けた後はバンドを引っ張り、確実に装着されたか確認します。

このページの上へ


技術者紹介 − 松山 藤一郎さん

技術者紹介 − 松山 藤一郎さんの写真
松山 藤一郎
1937.08 / 神戸生まれ
時計技術 : 時計技能検定1級 (1959年取得)
使用工具 - 時計屋さんが使用している【バネ棒外し】(DB-01)
バネ棒外し「DB-01の工具は、突きピンが丈夫に出来ており、二又ピンの大きさも調度いい2mm巾でほとんどのベルトに使用できます。初めての方におすすめのバネ棒外しです。」

・・・と、松山さんのお勧めの工具はこちら

このページの上へ