腕時計用工具の使い方 - 生活防水時計の裏蓋あけ(木製固定台使用しない場合)

使用工具
三点支持オープナー
三点支持オープーナー
※ 三点支持オープナーは、現在当店では販売しておりません。

高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。
低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。
ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

三点支持オープナーのみを使用し、固定台を使用せずに作業をします。

ご注意
  • 始めから高級時計はしないで下さい。
  • 強く押しすぎてガラスを割らないように。
  • フタ開けを滑らせて、手を痛めないようにご注意。
  • 難しい時計は無理せず、専門家に任せましょう。
  • 完全防水はメーカーに任せましょう。

1. 

非防水の時計は、2つの爪を使います。
工具のダイヤルを廻すと、爪が左右に動きます。

このページの上へ


2. 

ダイヤルを廻し、裏蓋の切り込み巾に爪を合わせます。
ピッタリ合わせてください。

このページの上へ


3. 

時計をしっかりと握り、工具と時計を切り込みに合わせます。

このページの上へ


4. 

再度ダイヤルを廻し、しっかり入っているかを確認します。

このページの上へ


5. 

右側に軽くグリップを廻しますと蓋が動きます。
動かないときは無理をせず、今度は逆にグリップを5mmほど廻し、再度、右側に軽くグリップを廻しますと蓋が動きます。

このページの上へ


6. 

2〜3回工具で蓋を廻し、後は指で廻し蓋を開けます。
動かないときは中止して、専門家に任せましょう。


このページの上へ


7. 

機械は絶対に直接手で触らない様にして下さい。
もし、機械を触る場合は必ず指サックをして下さい。

このページの上へ


8. 

開きました。
汗、水、埃を入れないようにご注意下さい。

このページの上へ


技術者紹介 − 松山 藤一郎さん

技術者紹介 − 松山 藤一郎さんの写真
松山 藤一郎
1937.08 / 神戸生まれ
時計技術 : 時計技能検定1級 (時計歴51年)

このページの上へ