一番解りやすい写真で見る松山藤一郎講座 - マットクロコの手入れ

高級時計は専門店に任せましょう

松重商店のTOPページ INDEXへ

松山藤一郎時計バンドのメンテナンス
一番解りやすい写真で見る工具の使い方

私のマットクロコの手入れ

技術者紹介 − 松山 藤一郎さん

松山 藤一郎

65歳 1937.08 神戸生まれ

時計技術 : 時計技能検定1級 (時計歴43年)

オープーナーが¥2000位で手に入ります。
引き出しに眠っている時計があれば一度是非挑戦してください。意外と簡単で楽しいですョ。
壊してもおしくない時計から始めてください。

・・・と、松山さんのお勧めの工具は こちら→

メニュー

尾錠交換 その1

尾錠交換 その2

電池交換 こじ開けを使う場合

三点支持オープーナーを使用の場合 1

三点支持オープーナーを使用の場合 2

三折れ金具のかたさ調整

金属バンドの三折れ部分でのサイズ調整

金属バンド割りピン、ヘアピンタイプのサイズ調整

ポケットタイプ工具のサイズ調整

直カンフィットパーツの取付方

純正金属バンドの取付方

金属バンドの外し方

割れピンタイプの駒の外し方

板バネタイプの駒の外し方

ポケットタイプサイズ調整工具の使い方

皮革バンドの外し方

1.つき棒(I型ピン)を使う場合

2.二又棒(Uピン)を使う場合

3.マイナスドライバーを使う場合

4.時計バンド取り外しの注意事項

5.バネ棒サイズについて

ご注意

高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。

低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。

ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

私のマットクロコの手入れ

私のマットクロコの手入れ

  1. 肌の弱い方、アレルギー体質の方はおすすめしません。
  2. 私のやっているメンテナンスでおすすめではありません。
  3. 新品の内は柔らかい布、手でなぜて戴くだけで十分です。
    艶が出なくなってからクリームを使用しましよう。

1.材料

1.柔らかい布
2.マットクロコのベルト
3.水
4.靴クリームで無色

2.水で布を湿らします。

水をタッブリつけない事

2. 水でベルトを綺麗にします。

水を布を湿らしベルトの汚れを綺麗に拭き取ります。

3. 乾いた布にクリームを付けます

ほんの少しクリームを付けます。


4.クリームをベルトに付けます

汚れを綺麗にしたベルトにクリームを
良くのばし全体に塗ります。

5.布で綺麗にクリームを完全に拭き取ります。

全体を綺麗な乾いた柔らかい布で
軽めに全体を磨きます。

6.柔らかい布で軽く磨く

全体を綺麗な乾いた柔らかい布で
軽めに全体を10回ぐらい磨きます。

 

7.綺麗に艶がでます

艶が出てきてベルトが生き返ります。

3ヶ月に1度位手入れをしております。
クリームの臭いが気になる方はコロン
を2−3滴おとしてください。

 

松重商店のTOPページ INDEXへ